FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RideBack / 03 / そして旗はふられる

 練習過程はサクッと飛ばして大会当日。レギュレーション規定の関係で、調整もままならないマシンで大会に挑まなければならない主人公。結果はいかに。

 未知の乗り物をいきなり乗りこなすだけの天才設定では序盤はともかく以降の差別化が難しくなるため、主人公の他人とは一味違うセンスを具体的な設定を導入。そのために大会というおいしいシチュエーションを消費するあたりに、メインテーマは別にあるという作品の方向性も示唆されている。

 それ以前にザッピングで視点をコロコロ変えながら煙い描写を差し込んでくれる親切設計で、物語が急転することは視聴者には折込済みとして展開を組み立ててきそう。ただし、これまでカメラはほとんど主人公を追いかけていたため、急に他の視点が増えても感心を抱きにくく、十分に保険を掛けておきたい気持ちはわかるが、どちらかというとわずらわしさを感じた。

 個人的には勝ち負けの存在しないシチュエーションで主人公が楽しそうにライドバックに乗っているシーンの方が好きだなあ。今回だとレースより最後の散歩の方が画面に惹きこまれた。
スポンサーサイト

<< Ride back / 06 / 電光石火ライド | ホーム | CD雑感20090127 >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


走れ!琳太郎「Rideback」

アスリートと違ってモーターレースは性別格差がそんなに存在しないように思いますが、現実は女性が圧倒的なマイノリティーです。 使い捨...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。